雑記A

10年使える!?ブレインスリープピローの耐久性とは

 

 

ブレインスリープピローは我が国の枕なのですが、一番に高く3万円以上するアッパーグレード枕です。

 

にもかかわらず170万個以上を取引されていますから、ニーズがある枕であることがうかがえます。

 

 

 

ではブレインスリープピローの寿命はどれくらいなのか、その耐久性も気になるところです。

 

その上質な寝心地で人気のブレインスリープピローですが、この先も使える高い耐久性も忘れてはなりません。

 

 

 

今回は快眠枕ブレインスリープピローの寿命と、長持ちさせるために気を付けておきたいポイントやお手入れコツについてご紹介します。

 

ブレインスリープピローをお使いの方もこれから購入を考査されている方もぜひ参考にしてみてください。

 

 

テクノジェルとウレタンの寿命
ブレインスリープピローはウレタンの上にイタリアが独自で完成したテクノジェルをのせた2層式の枕となっています。

 

低反発と高反発両方の特性を持っていて、体にぴたっとフィットしながらも動き易さも兼ね備えています。

 

 

 

低反発枕といえばウレタン枕がほとんどですが、ウレタンはエアを含むことでそのクッション性を生み出しています。

 

ウレタン枕は諌めましたと、気泡がつぶれてそのかさが小さくなり、警告を与えましたのをやめると元に戻ろうとします。

 

しかしながらウレタンはこまめに圧力をかけると元に戻る力が失われていき、へたりがおきてしまうわけです。

 

 

 

ウレタンの質にもよりますが、ほぼ全部のウレタン枕は2,3年でへたってしまいます。

 

安価なウレタン枕で1年でぺちゃんこになってしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

つまり圧力をかけてもジェルが変形するだけで、気泡がつぶれるわけではなく、体積も変わりません。

 

 

 

そのため復元器量が失われるわけではなく、何度も釘を刺してもへたりがほとんど生じないのです。

 

実際、11万回の圧縮試験でも復元率98%以上という数値がでています。

 

 

 

11万回の圧縮試験とは、1回の睡眠で寝返りを30回すると仮定したとしたら、およそ10年の使用を想定しています。

 

それでも復元率が98%以上ということは、10年の使用でもほとんどへたらないことを意味するのです。

 

 

つまりそのものはへたらないというわけです。

 

 

 

このことからブレインスリープピローの寿命は10年以上ということがわかります。

 

コントアーピローは定価33,000円ですが、10年使うとなれば1年あたり2,500円、1日に換算するとわずか6.8円ですから決して高い買い物ではありません。

 

 

 

 

 

ブレインスリープピロー使用時の注意点とお手入れ

 

ではどんな環境でも、どのように使用してもブレインスリープピローの寿命は変わらないのかといえばそうでもありません。

 

テクノジェルはウレタンと考えていますので水にか弱くて、水キレイにしすることができません。

 

 

 

万が一水洗いしてしまった場合、すぐにへたってしまうことはあります。

 

枕カバーは水洗いすることができますが、枕本体が汚れてしまった場合は布等でふき取ってください。

 

 

 

枕本体は水洗いもオーバーホールもできません。

 

あるいは水にぬらさなくても、ジメジメした環境で保管、使用しているとへたるまでのスパンが短くなることはあるでしょう。

 

 

 

使っていないときはムンムンした場所を避けて保管し、たまに乾ききった風通しの良い場所で陰干しするようにします。

 

変形したのまま放置すると枕が曲がってしまうことがあるので、保管方法にも注意します。

 

 

 

また直射日光が当たる場所もNGです。

 

ウレタンは直射日光に弱く、長時間日光に当たっていると黄変したり、ひどくなってしまう恐れがあるからです。

 

 

 

こうしたことに気を付けて取り扱えば、ブレインスリープピローは10年以上使用することも可能です。

 

安い枕ではありませんから、やさしく扱っておしとやかな睡眠を手に入れてください。

 

ブレインスリープの店舗情報